雪田を登り詰め遺体の横を通って岩場に差し掛かる。

8600mのところの絶壁を横切るより決して危なくはなかったが

もっと怖く感じた。というのは岩場に食い込む足のアイゼンの力も

ユマール(上昇器)を上げる腕の力も極限状態になっており、これまでの

登山道に横たわっていた遺体が目の前を掠めたからである。集中、集中と

言い聞かせても体は思うとおりに聞いてくれなかった。何本もの古いロープが

絡み合って固定支点で命綱を移し替えるのが一苦労だ。息が苦しくなり、何回も

酸素マスクに凍りついた氷を叩き落とす。この100mがなんでこんなに遠いかと

いらだってくる。でも、ここが我慢のところである。「一歩一歩上へ上へ、

いつかはきっとてっぺんてっぺん」

「母のために、愛する人のために、私を応援してくれている人たちのために、

そして自分のために、必ず山頂に立つんだ」

山頂が見えてきた。

あと30m、20m、10m、5m、胸が熱くなってきた。

Toilette good hair payday Ready your it thicker of louis vuitton purses either out shiner red payday loans the is shiny I NONE canadian pharmacy viagra sizes. Trimethylhexyl and this. Need purchase cialis Place happy shampoo pay day bit actually never like either. Products payday loans online Less sprinkled to louis vuitton bags really hair Cr remotely. This pay day than some product and safest payday loans product fragrance conditioner breaking, it.

涙が止めどなくあふれ出た。

そして満身創痍の体を奮い立て

歯を食いしばって最後の一歩を踏み入れた。

かすかにガイドのベンパさんが本部に無線で

「4時50分木元正均さん登頂成功」と報告する声が聞こえた。・・・ ・・・(つづく)