ABCに戻ると多くの人に迎えられ、祝福されました。

普段なら下山後のビールが待ち遠しいですが、今は胃腸をはじめ

内臓が極限に疲労しているので暖かいミルクティーで乾杯しました。

登頂成功の現実味が少しずつ伝わってきました。

雄たけびを上げたいほどうれしかったです。

泣きたいほど幸せでした。

この日のためにどんなに耐えてきたのか。

この日のためにどんなに妻と娘を泣かせたのか。

この日のためにどんなに姉弟(きょうだい)を心配させたか。

でも、この妻子の涙と兄弟の情と応援してくれた多くの方々の

願いと祈りが私を無事登頂させ、そして安全に下山させたのだ。

踊りまくりたい気分でいっぱいでしたが、一旦座るとなかなか

立ち上がることができませんでした。・・・ ・・・(つづく)