元日の朝には必ずご来光に山か海辺に行っていましたが、

近年は日本海側の雪山に行っているのであれの天気の方が多く

なかなかご来光に恵まれません。

振り返ってみればいろんなご来光の想い出がありました。

家の近くのお旅山は標高143mしかありませんが、毎年の元日は

お旅山愛好会メンバーをはじめ大勢の参拝者でにぎわいます。

弟と登った富士山頂でのご来光も素晴らしかったですが、

さんふらわーに乗って大阪から鹿児島志布志に向かう途中で

仰いだ海のご来光も大変趣がありました。

しかし私にとってこれまでに忘れられないご来光と言えば、

泰山の日の出とエベレストのご来光です。

今から30年前家内と上海出張の帰りに泰山に登りました。

夕方から雨になり翌日のご来光は無理だと落胆していました。

それが朝3時ごろ外に出てみたら満天の星が光っていました。

暗闇の中を真っ赤に厳かにゆっくり昇ってくるあの太陽は

生涯忘れられません。

上の写真は2011年5月20日7時半ごろエベレスト下山中

8650m付近で撮りました。雲一つない青空と暗闇の雲海の

境界線を赤く染めながら上がってくる太陽にしばらくは

目を閉じたままただ拝んでばかりいました。

すぐさま生きて下山しなければならない現実に戻りながら、

この最高のエベレストの祝福に、まだ生きている喜びが加わり、

また目に焼き付いてくるものと胸に刻みつくものが一体化し

言葉では言い表せない感動に駆られました。

一年の わくわく秘めて 初日の出⇒正均