今日姫路市山田公民館で上記のタイトルで講演をしました。

本のタイトルに因んであえてこのタイトルにしました。

山田公民館はもう6回目ですが、いつも力強い謝礼のお言葉を

頂戴します。1000回の全国行脚講演を応援しますと谷川館長が

励ましてくださいました。

一昨日は兵庫県川西市猪名川町にいる八尾彰一さんのところに行ってきました。

往復185キロを自転車で走ってきました。距離はトライアスロンの180キロに

なりますが、10時間近くかかりましたから、これから3時間減らすように

頑張らなければなりません。もちろん、午後5時半を過ぎると山中は暗くなりかかり、

下り坂でスピードが出せなかったこともありますが、自分の今の現状をわきまえて

トレーニングに取り組みたいと思います。

新宮運送の木南さんのご紹介で八尾さんにご縁をいただきました。

八尾さんはトライアスロンオリンピック合宿の監督を務めたことがある

現役のトライアスロン選手です。今の私の現状と来年8月の出場を分析して

「いけます」という励ましの言葉を八尾さんからいただきました。

今後何回か水泳と、自転車とマラソンの指導を受けながら、基本的には姫路で

練習することにしました。

3時間足らずの短い時間でしたが、私は八尾さんの人柄にすっかり惚れ込んでしまいました。

木南さんに感謝しながら、八尾さんに感謝しながら家路のペダルを踏み続けました。