昨日はほとんど徹夜で弊著「お母さん、生んでくれてありがとう!」の

校正をしました。

何度泣いたかわかりません。

本来はもっと早く出版に辿り着かなければならなかったですが、

予定より遅れてしまいました。

生まれてはならない運命にありながら奇跡的に生かされた私と、

数奇的な生涯を終えました母とのことを書かせていただきました。

貧困、文化大革命、父の自殺と苦難の時代を生き抜いた私が、

最後まで親孝行できなかった母への想いを胸に、世界の頂上ーー

エベレストを目指した「愛の物語」だと思います。

1か月前から本の注文がはじまり、中には50冊を注文した方が

2人もいます。出版の遅れを心からお詫び申し上げますとともに

いましばらくのお待ちをよろしくお願い申し上げます。