昔母にお世話になった人には必ずお礼を言いなさいと

よく言われました。

鶴の恩返しは、恩になった人には必ず恩返しをしなさいの

典型的童話だと思います。

それが、感謝の気持ちを忘れたり、ひどいことになると

「恩将仇報/恩をあだで返す」だったりします。

今日久しぶりに大阪から菊山社長と山本さんが来姫しました。

菊山社長は日本の健康食品、自然食品の草分け的存在ですが、

マルセイを立ち上げて間もなくして菊山社長にご縁をいただきました。

その後ずっと公私ともに可愛がっていただき、毎年の1月2日前後には

いつも亀岡市にある菊山社長の別荘で新年会を楽しませて頂いています。

それが、今年の年始年末は中国の深せんで香港の山友らとエベレスト登頂

7周年記念会をすることになり、参加できなくなりました。

そこで急きょ菊山社長にお願いして姫路までご足労頂きました。

姫路城三の丸の菊花展が明日で終わるので、今日ぎりぎりで間に合いました。

菊山社長の名前の「菊」にちなんで、どうしても見ていただきたかったです。

菊山社長と菊の花昨日はすごい雨だったのに、

今日は嘘のように青空が広がり、

姫路城も素晴らしい表情で

迎えてくれました。

 

菊山社長山本さん姫路城久しぶりにお二人のために中華鍋を振りました。

海の幸山の幸にビタミン愛をかけて一生懸命に

造りました。

私たちの今日がるのは、菊山社長の応援と支えと

切り離すことができません。また菊山社長の仁徳、

思いやり、太っ腹のお人柄には心底惚れ込んでいます。

昔話に花を咲かせながら本当に楽しい、幸せな

時間を過ごさせていただきました。

菊山社長、山本さん本当にありがとうございました。