徳島の黒瀬さんから毎朝一日一語の名言が送ってきます。

深呼吸の息を長く吸って長く吐けば長生きするそうです。

何事でも長く続けることが大事ですが、それがなかなか難しいですね。

1000歳にならないと屋久杉と言わないそうです。

999年経っても小杉と呼びます。

500年杉を大いに拝む本州にしてみれば気の遠くなる屋久杉です。

屋久杉が長寿出来るのは、地質が花崗岩で栄養に乏しく、ゆっくり成長する

からだそうです。また、花崗岩の上で倒れないためにしっかり根を

下ろしているからだそうです。

栄養に富んでいて成長が早い樹木は材質が柔らかく、長生きできないそうです。

現代生活習慣病も栄養過剰と運動不足によるところが多いですね。

長く息を吸って長く息を吐くのにお金はかかりません。

暴飲暴食しない方がお金が少なくて済みます。

他にもいろんな原因があるでしょうが、健康の大敵は怠けと欲望負けのようですね。