昨日は父の日でしたが、来月の西穂高登山に備え、雪彦山訓練登山をしました。
蛭軍団のすさまじい歓迎に手惑いながらも無事に予定訓練内容をこなして
帰宅しました。前日の雨で岩場がよく滑り、その上に湿度が高く山頂に上がった時には
みんなびしょ濡れでした。今回の目的は岩場登りと落石の注意と浮石の確認をメインに
水分の補給、岩稜歩きの特徴及び暑さ寒さの対策を強調しました。
虹の滝コースの岩場でハーネスとユマールを使って滑落時の脱出訓練を一人一人行いました。
山頂には雪彦山訓練登山いつもの雪彦山父さん上田さんグループが陣取って歓迎してくれました。
よい天候にも恵まれ気持ち良い汗をかいた山行でした。

家に帰りましたら娘夫妻からの「下関直送ふぐ三昧セット」が届いていました。娘夫妻はモスクワにいるはずですが、英語の研修で3週間ほどロンドンに行っています。「お父さん、ありがとう」のメッセージカードが入っていました。私も家内も父の日をすっかり忘れていましたが、娘はちゃんと覚えてくれました。家内があわてて「何も用意できなくてごめんね」と言いました。その代り、自分も疲れていながら、私が嫌というのに、頭のてっぺんから手足の指先までマッサージをしてくれました。父親としては失格まではいかないにしても、もう少し良いお父さんに成れるよう頑張れたのにと思う時が多々あります。心から思ってくれている人に囲まれている自分は本当に幸せだと思います。「父の日やロンドンよりのふぐ料理⇒正均 」