台北故宮博物館で王羲之直筆の書簡を拝見しましたが、

残念ながら撮影禁止でしたので皆さんにお見せできません。

王羲之(307年~365年)は東晋の書家ですが、中国では書聖とされ、

中国3000年歴史随一の書道家です。

上の写真の「太」の字は王羲之の息子王献之が書いた

「大」に王羲之が点を付け加えたことで有名な逸話になっていますが、

王献之の母、すなわち王羲之の妻がじっと見て、この字で一番よく書けたのは

「,」点だと評価したので、王献之は自分の書道の未熟を恥じもっと書道の稽古に

励んだそうです。

王羲之と言えば「蘭亭序」で有名ですが、15年ほど前に紹興市を訪れたときに

曲水の宴の蘭亭まで行ったことがあります。

王羲之王献之の鵞池 王羲之蘭亭 王羲之蘭亭序

 

 

 

 

 

 

日本でもこの拓本はよく書道の教本として使われている

ようですが、それにしてもこんな名人の直筆が残されて

いないのは残念極まりありません。