昨日家族で映画「奇跡のリンゴ」を見ました。自宅で。
娘が有料でダウンロードしてくれてパソコンの前に三人が寄せ合いパソコンの画面を2時間あまりじっと見つめていました。
主人も娘も私も泣きました。
青森のリンゴの農家をしている木村秋則さん、奥さんが農薬で病気になったことをきっかけに、農薬をやめる決意をし、あらゆる方法を探り、11年間あきらめず、ついに世界初めての無農薬、無肥料でリンゴの栽培に成功したのです。そこには並みならぬ家族を巻き込む苦労がありました。周りの人々の非難に負けず、貧乏にも負けず、何よりも自分自身に負けず成功の夢に向かってまっしぐらに走り続けた木村さんと家族の生きざまに深く心を打たれました。胸が熱くなりました。
なんで急にこの映画を見たかといいますと、実は今週木曜日に東京で木村秋則さんにお会いするのです!
木村式自然栽培のお米、奇跡のお米を世に広げるために6年間努力をして岡山で木村式自然栽培で米を栽培することを成功させた、岡山自然栽培実行委員会の高橋啓一理事長とご縁をいただき、このたび木村さんにお会いすることになりました。わくわく!