昨日宍粟市倫理法人会が主催したタイトルのコンサートと講演会が

宍粟市山崎文化会館で開催されました。

千の音色でつなぐ絆コンサートは、東日本震災の津波で流された

松の木を使って作ったヴァイオリン、ヴィオラなどの楽器を使って

開くチャリティーコンサートです。

この活動を展開しているのが「命をつなぐ木魂の会」です。

第一部では「命をつなぐ木魂の会」又川俊三会長が

「スライドで見る震災地~震災直後と今~」のタイトルで講演しました。

津波が町を襲いかかる5分間の映像で、参加者全員が絶句してしまいました。

津波の恐ろしさと命の尊さを改めて思い知らされました。

東日本震災から5年5か月がたちましたが、復興はまだまだ見えてこない

現状に苛正しさを感じずにはいられませんでした。

第Ⅱ部の地元山崎が生んだ芸術の卵永田健志君がヴィオラを、同じ東京芸大

後輩の林周雅君がヴァイオリンを演奏しました。涙あり、笑いありの、

息ぴったりの、素晴らしいコンサートでした。

又川俊三様今年の2月東京の講演会で又川会長と

ご縁をいただきました。私の話に感動したと

ぜひ盛岡に講演を依頼したいと昨日も念を入れて

くれました。又川さんが役員をして新潟会社の

社内研修会で来る9月25日講演させて頂きますが、

又川さんもすでに知っていて喜んでくれました。

昨日と一昨日は愛知県豊橋市で講演させていただき、その前は香川、広島、岡山、神戸と

遠征が続きました。

石川県宝達中学生たちの感想文返事を夏休み前にと思いましたが、結局夏休みの

宿題となりました。もう少し頑張らないとと自分に鞭うつ日々です。