前日の吹雪も弱まり、例の出発前のお祈り祭も無事にすました。

基地の皆さんの祝福を受けながら、7000mのキャンプ1を目指して

いざ出発です。

あまりの興奮で前夜はよく眠れませんでした。

6900mまでの長い雪の急斜面が容赦なく体力を奪っていきます。

チベットルートでは半分以上の挑戦者がこの急斜面の洗礼で7000mの

ノースコールをクリアできずリタイアします。

我慢して耐えること、辛いと感じるうちはまだ大丈夫と自分に言い聞かせながら

クレバスを渡りました。

トレーニングの時、このクレパスの50m上部のところで、私の後ろのMさんが

滑落し始めました。命綱がルートロープにつながっていたので、加速しながら

ルートに沿って落ちてくる。私が驚いて後ろを振り向いた瞬間、Mさんが私をけって

二人とも滑落していく。そしてあっという間に前のCさんをけり倒して3人ともクレパスに勢いよく

落ちていきました。もうおしまいかと思ったら3人とも横一列でクレパスに

ぶら下がっていました。あの細いロープがよくもきれずに持ちこたえてくれました。

また3人滑落のすさまじい衝撃をロープ固定支点がよく耐えてくれました。

後ろからあわてて下りてきたガイドが「動くな!動くな!」と

叫びながら一人ずつユマールとピッケルで助けてくれました。

MさんとCさんは泣きましたが、私は泣きませんでした。

クレパスに吊るされたいたときも、たとえ下まで落ちたとしても

ピッケルとアイゼンでいかにこの20mの氷壁を登るかと考えるほど

いたって冷静でした。

クレパスを渡ってもうひと踏ん張りしたらノースコールのキャンプ1です。