「親思う心に勝る親心」と吉田松陰は言いました。

「親」とは木の上に立って見張りをする意味だそうです。

子を見守るのが親ですね。

「孝」とは子が老人(親)を負んぶすることから、親を

楽にしてあげる意味だそうです。親に心配をかけないのが

親を楽にしてあげる最低の孝行ですね。

先日寝屋川市で二人の無邪気な子供が殺されました。

犯人に対する憎しみと被害者に対するお悔やみの念は

言うまでもありませんが、親とは、子とはの疑問に駆られて

なりません。

白日でも通り魔殺人事件が後を絶たない今日、いかにして

わが子を守るかが親の最大の義務ではないでしょうか。

小さいときから親に心配をかけないように心掛けることは、

学校教育も大事ですが、やはり親の日頃の行いが大事ではないでしょうか。

今回の事件は日本のお父さんお母さん達への、子供たちへの

大きな警鐘だと思われて仕方がありません。

今回の事件が多くの子供たちを救うきっかけにならんことを

願ってやみません。